Pocket
Share on StumbleUpon
Bookmark this on Digg

例え個人情報の流出が、意図的にやったことではなく、ちょっとした手違いや不注意であっても、個人情報保護法に違反するのです。

gtff5

故意でなくても相手を傷つけてはいけないのと同じで、個人情報もどんな理由であれば流出させてしまえば、それは企業の責任なのです。

管理は徹底しないといけない

個人情報の流出を防ぐには、とにかく個人情報の管理を徹底しないといけません。
セキュリティを万全にするのはもちろん、なおかつ人の目でもしっかりと管理を行い、徹底的に対策をしなければいけないのです。

もちろん事後処理の対策もしておく

むろん、万が一個人情報が流出してしまった時に備え、事後処理の対策もしておかなければなりません。
被害を未然に防ぐことが1番大事ではありますが、被害を最小限に抑えることも大事なのです。

大手企業にとっては個人情報流出は死活問題

どの企業にでも言えることですが、大手企業の場合は特に個人情報の流出は死活問題だと言えるのです。
個人情報が漏れてしまったことで、倒産にまで追い込まれた企業もあるぐらいですから。

一瞬でメディアで伝わってしまう

gtff2

もしも、大手企業が個人情報を流出させてしまったら、一瞬でメディアで伝わってしまうのです。
それを見た視聴者の多くは、その企業に対して不信感を抱いてしまい、その結果その企業のサービスを利用しなくなるわけです。
そうなれば、業績の方は一気に赤字になってしまい、最悪の場合は経営破綻になってしまうわけです。

一度失った信頼を取り戻すのは難しい

もちろん、一度でも信頼を失ってしまえば、その信頼を取り戻すのは極めて難しいです。
仮に信頼を取り戻せたとしても、以前ほどの業績は上げられなくなり、経営規模の縮小を余儀なくされてしまうかもしれないのです。
それほどの個人情報が重大であることを、まだ理解できていない企業も少なくないので、しっかりと対策を取ってもらいたいものです。

Pocket
Share on StumbleUpon
Bookmark this on Digg